ビットコインキャッシュの特徴

bf160118235e7d5f757a59f1506e5e0a_s

ビットコインキャッシュは、ビットコインのスケーラビリティ問題を解消するために誕生したアルトコインです。ここでは、ビットコインキャッシュの特徴について解説していきます。

ビットコインキャッシュの特徴①スピーディーなデータ処理

ビットコインキャッシュは、もともと1MBのブロックサイズ(容量)だったビットコインを、8MBまで拡大することで、スケーラビリティ問題を解決しました。2018年5月には32MBにサイズアップしています。そのため、データ処理(取引や送金)がスピーディーなのが特徴のひとつです。

ビットコインキャッシュの特徴②「EDA(Emergency Difficulty Adjustment)」

ビットコインキャッシュの特徴の2つめには、「EDA(Emergency Difficulty Adjustment)」があげられます。EDAとは、マイニングの難易度をコントロールするシステムです。難易度を適切な状態に導くことで、取引の円滑化につなげています。

ビットコインキャッシュの取引手数料

ビットコインキャッシュの取引にかかる手数料には、以下のようなものがあります。

入金手数料

仮想通貨取引所の口座に日本円を入金する際の手数料です。例えばCoincheckの入金手数料は無料となっています。ただし、金融機関の振込手数料は別途かかるため、ご注意ください。

出金手数料

口座から日本円を出勤する時に発生する手数料です。Coincheckの場合、一律400円の出金手数料がかかります。

送金手数料

ビットコインキャッシュを送る際にかかる手数料です。Coincheckでは0.001BCHですが、Coincheckユーザー間であれば無料にて送金できます。